その他
BACK
大型スマートマシンによる生産革新
新2サドルCNC旋盤 「SIMUL TURN LU7000EX」を開発
2017/05/25

重厚長大産業の大物難削材部品加工向けの大型2サドルCNC旋盤「SIMUL TURN LU7000EX」を開発しました。「LU7000EX」は最大加工径ø900mm、主軸貫通穴ø560mm(特別仕様)の超大径・超長尺部品に対応する広い加工領域をもち、上下二つの刃物台で同時加工や振止取付など高い生産性を実現する2サドルCNC旋盤です。

高出力・高トルク主軸は旋削加工能力10mm2の重切削が可能、このクラスでは新開発となるミーリング刃物台は、エンドミル加工能力 120cm3/minの強力ミーリング主軸で大物部品の工程集約を実現します。主軸は加工物にあわせて4種の仕様を準備、貫通穴径ø200mm主軸回転速度1,500min-1仕様からø560mm/350min-1まで最適な主軸で最適な加工が行えます。上刃物台と下刃物台による同時加工や上刃物台にロングボーリングバー取付、下刃物台に振止取付など、豊富なアプリケーションで生産革新を実現します。

新世代知能化CNC「OSP suite」の多彩な機能として、長時間安定した加工精度を維持する「サーモフレンドリーコンセプト」、旋削、ミーリング、ねじ切りなど、加工条件を最適化する「加工ナビ」、保全項目の見える化ツール「メンテナンスsuite」など、先進の知能化技術を満載してスマートなものづくりをサポートします。

2サドルCNC旋盤 SIMUL TURN LU7000EX
2サドルCNC旋盤
SIMUL TURN LU7000EX

OPEN POSSIBILITIES
ものづくりを進化させる、それが私たちの使命です。
より詳しく