OPEN POSSIBILITIES

  • HOME
  • オークマの技術 知能化技術
オークマの技術

オークマの知能化技術

モノづくり環境を革新する先進の加工インフラ

熱変形しない・ぶつからない・びびらない・最適な条件に自動調整…
これら高精度・高生産性を支える加工インフラを知能化し、
機械1台1台に結実させています。

知能化技術を装備する機械には、このエンブレムが取り付けられています。

オークマの知能化技術で、加工現場が、モノづくりが変わる。

これまで熱変位は「機械の癖」、加工条件の探索や衝突防止の確認は「作業者の技量」と理解され、それをスピーディに解決するのが「熟練の技」であり「加工ノウハウ」と考えられてきました。
しかし、実際には温度変化による機械の熱変位に悩まされ、びびりの発生をさけるために加工条件を落とし、衝突防止のための確認に時間を費やすなど、「加工ノウハウ」を発揮する以前に大きなエネルギーを費やしてきました。
オークマは、こうした加工現場が抱える課題を分析するプロセスで、そのいくつかは工作機械メーカーがお客様へ提供すべき加工インフラ(基盤)の技術領域と捉え、その革新にチャレンジしました。
そして、独創的な機械技術と電子・電気技術、さらには両者を高度に調和させる情報技術を結集し、不可能と思われていた「机上の理論」を「機上の現実」へ具現化しました。
こうして生まれた“知能化技術”によって、現場の加工インフラは大幅にレベルアップし、お客様本来の加工ノウハウを存分に発揮できるモノづくり環境を実現します。