サーボナビ

サーボ制御最適化機能

高精度・安定動作を長期間維持

動画を見る

最適な設定を自動でできる機能 サーボナビAI Automatic Identification

マシニングセンタ専用機能 ワーク重量自動設定

加速度アップで加工時間短縮

サーボナビ ワーク重量自動設定は、
テーブル上のワーク・治具の重量を推定することで、
加速度を含むサーボパラメータを自動で最適に設定し、
加工精度を維持したまま、加工時間を短縮します。

プレス金型 仕上げ加工時間比較 加工時間12%短縮

シミュレーションによる比較。金型など頻繁に加減速を
繰り返す形状加工では特に高い効果が得られます。

旋盤専用機能 イナーシャ自動設定

より高精度・安定した動作を実現

サーボナビ イナーシャ自動設定は、加速トルクから、チャック・ワークのイナーシャを推定し、
最適なサーボパラメータを自動で設定することで、高精度・安定動作を維持できます。

C軸動作時の追従性比較

位置誤差を低減

サーボナビは最適なサーボパラメータを確実に設定することが可能なため、追従性を向上させ、位置誤差を低減することができます。また、C軸接続時の振動(ハンチング)の防止も行います。

機械をより長く使用できる機能 サーボナビSF Surface Fine tuning

反転突起自動調整

加工精度・加工面品位を維持

工作機械は稼動期間と共に摺動抵抗が変化し、機械納入当初の
最適であったサーボパラメータに対し、ずれが生じます。
その結果、動作の反転部などで加工面に筋目が見えるなど、
加工精度・加工面品位に影響が出る場合があります。

DBB測定比較

反転突起を低減

サーボナビ 反転突起自動調整は摺動抵抗の変化にあわせて、
サーボパラメータを最適化することで加工精度を
維持します。

加工面品位比較

筋目が解消

経年変化:反転時に筋目が発生  サーボナビ 適用後:初期状態と同等の状態

サーボナビを実行すると、反転時の筋目を解消することが
できます。これにより、長期使用した機械で反転突起が
発生した場合、お客様自身で解消することが可能になります。

※加工精度・加工面品位の改善についてはアブソスケール仕様で高い効果が得られます。アブソスケール仕様のない場合は、バックラッシュ補正を適正に設定してください。

制振自動調整

機械の長寿命化に貢献

サーボナビ 制振自動調整により、機械の状態が変わっても異音や振動を即座になくすことができます。

送り軸動作時の追従性比較

振動を抑制

サーボナビ 制振自動調整を振動が発生した機械に適用すると、即座に振動がなくなり、加工面品位が向上します。
これにより、振動などの問題が発生した時、お客様自身で解決することができます。また、ボールネジの交換サイクルをより長くできるため、機械の長寿命化にも貢献します。

※サーボナビは一部の機種を除き、OSP-P300シリーズを搭載したマシニングセンタ・旋盤・複合加工機の標準機能です。
 搭載機種と搭載時期につきましては、オークマの営業担当までお問い合わせください。

PAGE UP

OPEN POSSIBILITIES
ものづくりを進化させる、それが私たちの使命です。
より詳しく