OPEN POSSIBILITIES

オークマの技術 Okuma Smart Factory

Okuma Smart Factoryへ戻る

Okuma Smart Factory Connect Plan

Connect Planからはじめよう
「つなぐ」、「見える化する」、「改善を促す」
Connect Planは、工作機械をつなぎ、工場の稼働実績、加工記録を見える化することで、稼働率向上に向けた分析を支援するシステムです。
OSPとPCを接続し、工場稼働モニタ"Factory Monitor suite"をPCにインストールするだけで、機械の稼働状況を加工現場で、事務所で、どこからでも見える化できます。
稼働率向上の取り組みをするお客様に好適なソリューションです。
Connect Planには、PC用ソフトウェア"Factory Monitor suite"と初期設定作業が含まれます。
1.つなぐ 2.見える化する 3.改善を促す
Connect Planではじまる、見える化と改善サイクルの仕組み
いつでも、どこからでも、工場を見える化
OKUMA NET BOX suite-S(特別仕様)を使用することで、Connect Planはインターネットにつながり、離れた場所にある工場の稼働状況が見えるようになるほか、工場外から工場の稼働状態を確認したり、機械でアラームが発生したことを伝えるメールを確認したり、オークマのサービスセンターとつながり、オンラインでサポートを受けることができます。
また、OKUMA NET BOX suite-C(特別仕様)を使用することで、イーサネットに接続できない工作機械や他社機を接続することができます。
いつでも、どこからでも、工場を見える化
Connect Planのメリット
工場の"現在"、"過去"を分析し、"未来"をカイゼン

工場稼働管理

工場稼働管理は、工場の"現在"、"過去"の稼働実績を見える化し、分析・カイゼンを行うことで、機械停止時間を削減し、稼働率を向上させる機能です。
"現在"の稼働実績を見える化することで、機械停止に早く気づき、対策することができます。アラーム通知機能を活用することで、さらに早い対策ができ、機械停止時間をより削減できます。
また、"過去"の稼働率を見える化するだけではなく、アラーム履歴、操作履歴も見える化するため、機械停止の原因追究・分析ができ、カイゼンを行うことができます。メンテナンスアイコンにより保守・点検時期も見える化されるため、機械メンテナンスを確実に行うことで、"未来"の故障停止を未然に防ぐことも可能です。

工場稼働管理
工場稼働モニタ画面

加工記録管理

加工記録管理は、加工したワークの固有のIDと、機械ごとの加工実績や計測結果を紐付けて、加工のトレーサビリティを実現する機能です。
「いつ、どこで」「どのように」加工したのか、計測結果は「どうだった」のかを簡単に確認できます。
ワークに異常のあった場合、原因を解析でき、より一層安心できる高品質生産を実現できます。

加工記録管理
加工記録管理画面
困ったときも安心サポート

リモート診断

リモート診断は、問題発生時にお客様の機械の画面をオークマサービスセンターより参照して、同じ画面を見ながら、正確なコミュニケーションをとり、診断ができる機能です。
例えば、ATC動作途中停止の迅速な復旧に役立ちます。

接続時は、お客様の同意を頂いてからオークマサービスセンターと接続します。診断中も、お客様側の操作でいつでも接続を中断することができます。

リモート診断

Connect Plan 仕様

制御装置 対応一覧
機能 OSP-P300A
(Smart IF)
OSP-P300
OSP-P200A
OSP-P200
(Smart IF)
OSP-E100
OSP-U100
OSP7000
(DNC-T3)
FANUC
FOCAS1
FOCAS2
対応機種
他社機
MT Connect
対応機種
OSP5020
以前
他社機
工場稼働管理 工場全体表示 稼働状況
(工場レイアウト)
メンテナンスアイコン表示(工場レイアウト) ※1 × × × ×
稼働状況一覧 ※2
稼働履歴一覧
稼働率一覧
非稼働理由内訳 × × ×
機械個別表示 稼働時間
アラーム履歴 × × ×
操作履歴 × × ×
加工実績 × × ×
加工記録管理 ※1 × × × ×
リモート診断 × × × ×

※1:OSP suiteのみ対応 ※2:I/Oによる稼働信号のみ取得可能