OPEN POSSIBILITIES

製品情報

製品情報へ戻る

Hybrid CAD/CAM ADMAC-Parts
生産プロセスを革新するダイレクトマシニング

「CADで定義された部品データから熟練プログラマーの経験知をもとに直ちに加工プログラムを生成する」
部品加工用CAD/CAM “ADMAC-Parts”のダイレクトマシニングが 生産プロセスの革新、CADから切粉の一気通貫を実現します。

「使い易さ」を考慮したCAD機能を標準装備、紙図面からでも「加工に必要な部分のみ作図」すればプログラムが作成できます。
CAD/CAMのみでなく、実機と同じらくらく対話アドバンスがPC上で操作できます。
対話データは実機のらくらく対話アドバンスで利用できます。

《 特別仕様 》
  • 対話入力:らくらく対話アドバンスL/M、らくらく対話XL/XM
  • 3D機械シミュレーション:3Dバーチャモニタ

動作環境

OS Windows 10、Windows 8/8.1、Windows 7、Windows Vista [2017年2月現在]
CPU 2GHz(X86/X64)以上推奨

CAM仕様

Turningパッケージ Millingパッケージ
パッケージ
  • ・旋削加工パッケージ
    1サドル・1スピンドル旋盤
  • ・2サドル(2スピンドル)パッケージ
    1サドル・2スピンドル旋盤含む
  • ・複合加工パッケージ
    Y軸/B軸機能付、ATC付
  • ・立形マシニングパッケージ
  • ・横形マシニングパッケージ
    立形マシニング+付加1軸 含む
  • ・5面加工パッケージ
    門形5面加工機、立形マシニング+付加2軸
    5軸加工機(割出し加工)
加工フィーチャー 旋削、複合加工 穴加工、穴加工拡張機能、輪郭加工、領域加工
機械制御仕様 1サドル、2サドル、複合加工機、
サブスピンドル、Y軸仕様、B軸仕様
立形マシニングセンタ、横形マシニングセンタ、5軸5面加工機
素材の設定 丸棒形状素材、取代均一素材、任意形状素材 直方体、円柱、三角柱、四角柱、直方体穴、
円柱穴、三角柱穴、四角柱穴
加工自動決定 素材形状と加工形状から、加工領域、加工方法、
工具、切削条件、加工順序を自動決定
自動決定における条件選択
(標準、長手優先、端面優先)
加工部位から、加工方法の展開、工具、
切削条件、加工順序を自動決定
工具パス確認 3Dシミュレーション、断面表示、透過表示、物体の回転、拡大/縮小、工具パス表示
加工時間算出 加工単位ごとの加工時間・非加工時間の自動算出、加工時間のグラフ表示
加工指示書出力 加工順序表、工具リスト、加工図自動作成
NCプログラム出力 OSP用ポストプロセッサ、他社NC装置用ポストプロセッサ
加工技術情報編集 工具データ 登録数1,000本/機械 登録数999本/機械
素材データ 素材16種×加工法毎に切削条件を設定/機械 素材10種×工具5種×加工法毎に切削条件を設定/機械
3D機械シミュレーション 3Dバーチャモニタ
PC上で実機さながらの動作でシミュレーション

PC上の仮想機械で、正確な機械モデルと機械仕様を考慮したNC機能で実際の機械さながらの動作を確認、3Dバーチャモニタで生産の垂直立ち上げを実現。

「生産準備のフロントローディング*」
オフラインでの事前加工検証により実機モニタ時間を短縮し、機械稼働率をアップ。

*:フロントローディングとは、業務の初期工程(フロント)に負荷をかけて(ローディング)作業を前倒しで進めること。

《 特徴 》
  • ・正確な干渉チェック
  • ・正確な加工時間
  • ・実機に迫る加工動作
  • ・「簡単モデリング機能」でモデル設定を簡単に

動作環境

OS Windows 10、Windows 8/8.1、Windows 7、Windows Vista [2017年2月現在]
CPU 2GHz(X86/X64)以上推奨
ハードディスク インストール空き領域 4GB 以上
ディスプレイ 1280×1024 ドット、High Color(16 ビット)以上
「OpenGL バージョン1.0」対応のグラフィック機能
「OpenGL バージョン1.5」以上対応のグラフィックカード推奨