ファイブチューニング 5軸加工精度の革新 -誰でも、早く、簡単に、チューニング-

動画を見る

その5軸、精度出てますか?

無視できない幾何誤差
5軸加工機では、回転軸にからむ幾何誤差が、無視できない影響を加工精度に与えてしまいます。
回転軸の中心位置のズレ、回転軸の直交軸に対する傾き、さらには熱変位や据付環境の経時変化などなど。5軸加工機には、実に13種類もの幾何誤差があります。これらの誤差が傾斜面加工の段差となったり、曲面加工の形状不良となってしまうわけです。
幾何誤差は変化する
たとえ幾何誤差の小さな機械であっても、経時変化によって大きくなってしまうことがあります。だから、5軸加工精度を高く維持するためには、変化する幾何誤差を、設置されている現場でチューニングする必要があるのです。
手間ヒマかかる補正作業
5軸加工を高精度に行うにはチューニングが必要。実際にブロックゲージや基準工具を用いて、手作業で調整を行っている現場もあるかと思いますが、何種類もある幾何誤差の調整には時間も手間もかかり、手作業による測定バラつきがあったりと、5軸加工機は精度が出しにくいのです。

幾何誤差の例

一筋縄ではいかない幾何誤差。ファイブチューニングが解決します

機械にまかせて約10分 "かんたん操作"のOSPだから、驚くほど、簡単に。

開始から完了まで

※ 計測時間は「フル」モードで11種類の幾何誤差をチューニングした場合です。計測時間は計測モードによって変わります。
「シンプル」モードでは、4種類の幾何誤差をチューニングして約5分です。

機電一体のオークマだから実現できる高精度チューニング

「ファイブチューニング」機能は、タッチプローブと基準球を使って『幾何誤差』を計測し、計測結果を用いて補正制御を行うことで、5軸機の運動精度をチューニングします。これにより、一段上のレベルの5軸加工精度を実現します。

ファイブチューニングの実施前 最大12μm ⇒ ファイブチューニングの実施後 最大3μm(実績値)

工具(テーブル)を様々な角度に傾けて、それぞれの面を加工した多面加工において、手作業で幾何誤差4種類をチューニングした場合、加工面の段差が最大12μm、ファイブチューニング実施で最大3μm、多くの加工面が段差0でつながりました。
  • 経時変化にはファイブチューニング
  • 温度変化にはサーモフレンドリーコンセプト

これらの知能化技術が、高い精度を長期にわたって維持します

搭載機種一覧(特別仕様にて搭載可能です)

5軸制御立形マシニングセンタ
5軸制御複合加工機
5軸制御横形マシニングセンタ

2賞受賞