HOME > オークマについて > 沿革

沿革
1898年(明治31年) 故大隈栄一が個人経営により「大隈麺機商会」を興し、製麺機の製造・販売を開始。
1904年(明治37年) 工作機械の製造・販売を開始。
1918年(大正7年) 株式会社大隈鐵工所設立。OS型旋盤の市販開始。
1937年(昭和12年) 当社の工作機械生産額が国内第1位に。
1963年(同38年) 絶対位置検出方式のNC装置(OSP)を自社開発。わが国唯一の機電一体の総合メーカーとなる。
1966年(同41年) LA-N型NC旋盤製造開始。
MDB型門形マシニングセンタ製造開始。
1974年(同49年) MCM型門形5面加工機製造開始。
1975年(同50年) LS-N型NC旋盤製造開始。
1980年(同55年) 旧本社工場(名古屋市辻町)の主力を大口の本社工場へ移転。
1982年(同57年) LB15型NC旋盤製造開始。
1987年(同62年) 米国に生産拠点OKUMA MACHINE TOOLS INC.(OTI)設立。
1991年(平成3年) オークマ株式会社に社名変更。
1995年(平成7年) 米国OAC設立。
1998年(平成10年) SPACE TURN LBシリーズ NC旋盤製造開始。
2000年(平成12年) IT活用の新生産システムモデルITプラザ構想を発表。
2001年(平成13年) ACE CENTER MB-Vシリーズ立形マシニングセンタ製造開始。
2002年(平成14年) 中国に生産拠点北一大隈(北京)机床有限公司を設立。
2003年(平成15年) サーモフレンドリーコンセプトの中核「熱変位補償システム」が日本機械学会賞を受賞。
2005年(平成17年) オークマ、大隈豊和機械、大隈エンジニアリングの3社がオークマホールディングスのもと経営統合。
2006年(平成18年) オークマホールディングス、オークマ、大隈豊和、大隈エンジニアリング4社合併。
2007年(平成19年) 可児第5工場(K5)竣工。
2008年(平成20年) グローバルCSセンタ、本社物流センタ竣工。
2013年(平成25年) DS1(ドリームサイトワン)竣工。
オークマについて
会社概要
沿革
ごあいさつ
環境・品質への取り組み
グループ企業
加工関連メーカーリンク
調達情報
女性活躍推進法に基づく行動計画

高品質のモノづくりを実現 受賞一覧

116年の時の流れ

未来工場―ドリームサイトワン

設備と環境をお見せします オークマ工場案内

本社・工場

国内営業拠点

海外サポート体制

オークマ健康保険組合

OPEN POSSIBILITIES
ものづくりを進化させる、それが私たちの使命です。
より詳しく