その他
BACK
5軸制御立形マシニングセンタ「MU-S600V」
第60回(2017年)十大新製品賞 本賞を受賞
2018/01/05

世界初! 5軸制御マシニングセンタに搬送・ロボット機能を内包
スマートファクトリーの核となるスマートマシン 「MU-S600V」

5軸制御立形マシニングセンタ「MU-S600V」が日刊工業新聞社主催の「2017年十大新製品賞 本賞」を受賞いたしました。
十大新製品賞はその年に開発、実用化した製品から、モノづくりの発展や日本の国際競争力強化に資する製品として選定されるもので、オークマは、2003年から2017年にかけて今回で14回目の受賞となります。

MU-S600Vは、多品種少量生産から量産部品加工までを1種類の機械で自在にこなす、スマートファクトリーの核となるスマートマシンです。搬送ロボット機能を内包したコンパクトマシンによるスマートラインで、ローダやロボット無しでも工場の生産ラインを構成します。1台から複数台の連結まで自在に組替え可能で、加工物の製品ライフサイクルによる生産変動に柔軟に対応します。

単体での使い易さと面積生産性も徹底追求しました。クラス最高の面積生産性(従来機比 1.4倍)を誇り、コンパクトなサイズでありながら大物部品加工にも対応します。高剛性で高追従性を持つトラニオンタイプの円テーブルが、高品位安定加工を可能にします。また、空間精度、生産性を革新するAIと知能化技術を備えています。

機電情知一体メーカのオークマが「ものづくり革命」を目指して開発した5軸制御立形マシニングセンタです。

5軸制御立形マシニングセンタ「MU-S600V」の詳細はこちら

十大新製品賞 受賞歴

OPEN POSSIBILITIES
ものづくりを進化させる、それが私たちの使命です。
より詳しく