その他
BACK
新 インテリジェント複合加工機「MULTUS B250Ⅱ」を開発
2017/05/23

オークマ株式会社はコンパクトで使いやすく、優れた加工能力を持つインテリジェント複合加工機「MULTUS B250Ⅱ」を開発しました。
「MULTUS B250Ⅱ」は最もニーズの高い8インチサイズの主軸を搭載した機械サイズで、コンパクトながら高い加工能力を持ち誰もが使える操作性で、さらに広範囲な加工現場でお使いいただける複合加工機です。

クラス最小級の 幅3,190mm×奥行き2,210mm の床面積7m2、加工領域は 最大加工径 ø600mm×最大加工長さ750mm、さらにY軸移動量はクラス最大級の200mm。加工能力は重切削に威力を発揮する、出力22kWの主軸モータ、ミーリング主軸は出力12kWを搭載し、中小物部品の生産性を大きく向上させます。

新世代知能化CNC「OSP suite」の多彩な機能として、長時間安定した加工精度を維持する「サーモフレンドリーコンセプト」、初品から誰でも安心して使える「アンチクラッシュシステム」、保全項目の見える化ツール「メンテナンスsuite」、新世代省エネルギーシステム「ECO suite」、加工現場で必要な情報をデジタル化・見える化する「suiteアプリ」などを搭載しました。先進の知能化技術を満載してスマートなものづくりをサポートします。

インテリジェント複合加工機 MULTUS B250Ⅱ
インテリジェント複合加工機 MULTUS B250Ⅱ

OPEN POSSIBILITIES
ものづくりを進化させる、それが私たちの使命です。
より詳しく