その他
BACK
高精度立形CNC旋盤「V920EX」を開発
2016/11/24

最大加工径φ920mmの高精度立形CNC旋盤「V920EX」を開発しました。
あわせて、自動化・工程集約が可能なATC仕様と、2工程の連結によりリードタイムを最短にする2主軸タイプ「2SP-V920EX」も同時に開発しました。
「V920EX」は、従来機と同等の据付面積ながら最大加工径をφ920mmまで拡大し、面積生産性を向上しました。また、サーモフレンドリーコンセプトを適用することで、室温変化8℃で寸法変化φ15μm以下の安定した高い加工精度を実現。さらに、ATC仕様では、旋削刃物台にATCを搭載することで、従来2台での分割工程を1台に集約でき、リードタイムを大幅に短縮できます。
「V920EX」は、航空機、エネルギー、大型自動車、輸送機械等の大物部品加工の生産革新に大きく貢献いたします。


V920EX
V920EX

V920EX ATC仕様
V920EX ATC仕様

OPEN POSSIBILITIES
ものづくりを進化させる、それが私たちの使命です。
より詳しく