チタン合⾦・難削材の新加⼯ソリューション

シンクロドライビング

インサート式⼯具のチッピングを抑制し、難削材の安定加⼯と⼯具寿命アップを実現します。

特徴

インサート式⼯具の各刃先に作⽤する切削⼒を均等化し、⼯具寿命を⾶躍的に向上

⼯具寿命の向上と⾼価なソリッド⼯具からの置き換えで、⼯具費を最⼤1/5〜1/10程度にまで削減

機上での自動刃振れ計測 インサート式⼯具による難削材加⼯

効果

難削材の⾼能率加⼯ インサート式⼯具のチッピングを抑制し、⼯具費の削減と、⼯具寿命の向上を実現

【実績例】同⼀加⼯条件での⼯具1本あたりの切削除去量(⼯具寿命)
チタン合⾦加⼯時⼯具寿命 約2.3倍(当社比)
ステンレス*加⼯時⼯具寿命 約5.2倍(当社比)

⼯具の回転と送り速度を最適制御

シンクロドライビングで1刃あたりの切削⼒を均⼀化
⼯具が⼀回転する間に、刃先の振れに応じて送り速度を最適化する為、送り速度全体を下げる必要がなくなります。
インサート式⼯具で発⽣する振れ
振れに応じて送り速度を制御して切削⼒を均⼀化

難削材加⼯での課題…

切削性の悪さから、⼯具の振れにより⼯具の寿命が短くなるため、加⼯条件を下げたり、⾼価なソリッド⼯具や特殊⼯具を使⽤して対応。

主軸回転速度と送り速度の⾼度な同期制御により課題を解決!!

PAGE UP

OPEN POSSIBILITIES
ものづくりを進化させる、それが私たちの使命です。
より詳しく