HOME > 製品情報 > 新製品情報 OSP-VPS

OSP用ウイルス防御システム OSP-VPS(特別仕様)

特長

ウィルス防御システム「OSP-VPS(Virus Protection System)」は、トレンドマイクロのウィルス検索技術VSAPI※(Virus-Scaning API)をオークマの数値制御装置(OSP-P300/P200A/P200/P20)に組み込み、ネットワーク、USBからのウィルス感染を阻止します。

信頼性 更新用ウィルスパターンファイル(以下パターンファイルと記載)および検索エンジンの配信前に、オークマによる事前動作検証を実施し、CNCソフトウェアの誤検知発生を未然に防ぎます。
保守性 ウイルス検知をアラームDで通知します。
NC画面上で簡単に処置内容を確認できます。
安全性 予約ウィルス検索を、自動・MDI 運転が終わったあとで行なうことで、運転中の予約ウィルス検索による画面反応の遅れを防ぎます。(リアルタイム検索は自動・MDI 運転中も行ないます)
利便性 パターンファイル、検索エンジンは、オンラインによる自動更新に加え、お客様のPCを介した更新も可能です。

※TRENDMICROおよびVSAPIはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。

導入のメリット

事例1:金型加工業のお客様

DNC-DTによる加工のため、機械とサーバをネットワーク接続している。
出張帰りの社員のノートパソコンがウィルス感染したままネットワークに接続された。
ノートパソコンのウィルスが機械に感染しようとしたが、OSP-VPSがこれを阻止。
機械は金型の仕上げ加工中であったが、何の影響も無く加工は完了した。

 
事例2:部品加工業のお客様

取引先から加工データが入ったUSBメモリを受け取ったが、その中にウィルスが紛れ込んでいた。
USBメモリを機械に挿した直後、OSP-VPSがUSBメモリ内のウィルスを発見し駆除した。
取引先からの加工データは問題なく機械に取り込むことができた。
取引先には、ウィルスが無い状態のUSBメモリを返却した。

 

外部とのデータ受け渡しを一切行わない場合は、機械のウィルス感染の心配はありません。
USBメモリを使用したり、ネットワーク接続する場合、OSP-VPSが搭載されていれば安心してデータ受け渡しができます。
さらに、お客様によるデータメディア・コンピュータのセキュリティ対策を行っていただくことで、セキュリティのレベルを更に高めることができます。

パターンファイルの更新方法

2種類の更新方法について、NC画面上で切り替え可能です。
パターンファイル更新のライセンス期間は3年です。

オンライン更新

インターネットに接続可能な場合は、オークマ管理の配信サーバへ直接接続をして更新します。

  オンラインの更新方法
オフライン更新

LAN未接続、または社内LAN接続の場合は、お客様のPCを介した更新となります。

オフラインの更新方法
製品情報









複合加工機(横形)











複合加工機(立形)









マシニングセンタ
立形マシニングセンタ













横形マシニングセンタ









超複合加工機


5軸制御マシニングセンタ










門形マシニングセンタ





ターニングセンタ

CNC旋盤
1サドルCNC旋盤












2サドルCNC旋盤







横形並行2(3)スピンドルCNC旋盤




立形CNC旋盤








アルミホイール加工用CNC旋盤


研削盤






IT・OSP









OPEN POSSIBILITIES
ものづくりを進化させる、それが私たちの使命です。
より詳しく