その他
BACK
工作機械のAI診断技術「OSP-AI」を開発
2016/11/24

工作機械の知能化技術を発展させ、AI(人工知能)を活用した診断技術「OSP-AI」を開発しました。
「OSP-AI」は、機械異常を自己診断する技術として、ベテラン保全員でも不具合判断が難しい送り軸の状態を判断する診断技術です。機械基礎特性の高度な知見をベースに、ディープラーニングによるAI技術を融合させて、確度の高い自己診断を実現しました。

AI(人工知能)を世界で初めて工作機械用CNC装置に内蔵し、正常状態と異常状態の診断結果をランプの色で表示。診断の確度をランプの大きさで分かり易く表示して、専門知識や特別な測定器を必要としない機械診断、予防保全を可能とします。


診断結果画面

OPEN POSSIBILITIES
ものづくりを進化させる、それが私たちの使命です。
より詳しく